2019年07月19日

まほろば紀行 永六輔氏と行く検証の旅『憲法を定めし太子偲びつつ 旅に嬉しや友の笑顔よ』①

 その友とは永六輔さん。
 新曲づくりでコンビとなって以来、会うたびに話のつきない、皆様ご存じのごとく、魅力ある人物です
 永さんの近著『芸人』の中でも対談をさせて戴きました。

<続きを読む>

永さんとの会話はまだ続きます。

来週金曜日に更新いたします。

2019年07月12日

隠された古代日本史 その後の大日霊女③

 日霊女女王の御生涯は実に驚嘆すべき大事業の連続で、日本人の御先祖さまの代表とも言うべきお方が、これほど素晴らしい御存在だったことを知って私は驚きましたが、まさに女性は強い。まして、女王の強さは並大抵ではなかったようですね。

<続きを読む>

永六輔さんのお言葉が記述されていますが、次回からはその永さんとの旅のお話が始まります。

では、また来週金曜日に更新いたします。

2019年07月05日

隠された古代日本史 その後の大日霊女②

 外交面でも、中国の皇帝に対して堂々と友好親善の使節も送り(景初二年、西暦二三九年)、『鬼道をなして人を惑わす』と魏志に書かれるほどの大女王でした。しかし鬼道を行っては人が心服しませんから、この記事は信用できない気がしますが。

<続きを読む>

本日分も、「へぇー、そうなんだ」という皆様のお声が聞こえてきそうな著述でございました。

ではまた、来週金曜日に更新いたします。

2019年06月28日

隠された古代日本史 その後の大日霊女①

 素佐之男尊が島根県熊野で崩御されたのち六十年ほど、日霊女(ひみこ)は長生きをされたのですが、素佐之男と会われる前に二人の男子があり、生涯で五男三女をお生みになっています。尊以外には五人の愛人がおられたということでした。

<続きを読む>

伊波礼彦尊は、神武天皇です。
本日も短い記述のご紹介ですが、改めて知ることや理解することがたくさん含まれていますので、私などは何度も読み返して分かるカンジです…。

ではまた、来週金曜日に更新いたします。

2019年06月21日

隠された古代日本史 邪馬台国の女王・日霊女⑤

 『古事記』でもここは史実のとおり、三人の姫君が誕生したことを記していますね。長女・田紀理(たぎり)姫《後に大国主の妻となる》、次女・多岐津(たきつ)姫、三女・市杵島(いちきしま)姫《海上の守り神・広島の厳島神社の主祭神》。素佐之男は出雲を長男に任せ、五、六年にわたって四州の各地を廻られて、施政をされました。

<続きを読む>

三波春夫は「黒田節」をアルバム、公演、番組等で歌いましたが、オリジナル曲としては『名槍日本号 黒田の武士』をリリースしています。
三波本人の作詞ですが、歌と歌の間に入る“セリフ”も良い、カッコいい歌ですので、CD、配信等で是非お聴きください。

ではまた、来週金曜日に更新いたします。

2019年06月14日

隠された古代日本史 邪馬台国の女王・日霊女④

 例えばエジプトのクレオパトラがシーザー大王の遠征軍を迎えたとき、その身を捧げて国土と国民、一族を守りましたね。

<続きを読む>

スサノオとヒミコは、めでたく結ばれたのでした。

この続きはまた、来週金曜日に更新いたします。

2019年06月07日

隠された古代日本史 邪馬台国の女王・日霊女③

 『この西都原だけでも大小の古墳は三百二十九を数え、付近の川南古墳その他六ヶ所を合わせると、千墓以上の古墳が邪馬台国の夢の跡を包んでいる』と記されていますが、由縁の神社も数多くこの辺りにあり、ゆるぎない証拠の地である、と思うのです。

<続きを読む>

さてさて、この続きはまた、来週金曜日に更新いたします!!

2019年05月31日

隠された古代日本史 邪馬台国の女王・日霊女②

 このズバリとした解明に加えて、女王の墓についても西都を歩かれて、詳しく書いておられます。要約しますと、

<続きを読む>

二代目のトヨについては、この後にも著述があります。

ではまた、来週金曜日に更新いたします。

2019年05月24日

隠された古代日本史 邪馬台国の女王・日霊女①

 学界でいつまでも続く邪馬台国論争。

<続きを読む>

日向の国の邪馬台国のお話は、まだ続きます。
ではまた来週、金曜日に更新いたします。

2019年05月17日

隠された古代日本史 土地の所有が大問題③

 出雲海軍が先導する大船団は、美保湾を出て西南に向かいました。

<続きを読む>

次回から、邪馬台国・日霊女(ヒミコ)のお話が出て参ります。
ではまた来週、金曜日に更新いたします。